神前結婚式

ceremony

式次第

神様の前に結婚を誓う「神前式」 それぞれの作法や流れには意味がございます。 また、神社によっても異なりますので 平安神宮の式次第をご説明いたします。

1. 参進

新郎新婦をはじめ ご両家参列者⼀同が巫⼥に先導され回廊を通り
式場へ進みます

2. 修祓

ご婚儀に先⽴ち お祓いで⼼⾝のけがれを祓い清めます
合図で⼀同起⽴し頭を下げます

3. 斎主祝詞奏上

神様にお⼆⼈の結婚の由を申し上げ 新しい家族の末永き幸せを祈ります
合図で⼀同起⽴し頭を下げます

4. 誓詞奏上

新郎新婦が神前で誓いの⾔葉を奏上します
新郎新婦は 巫⼥から誓詞を受取り 神前に進み ⼀礼して新郎が誓詞を読み
新婦は⾃分の姓名だけを読みます 奏上後は ⼀礼後⾃席にお着きください

5. 三献の儀(三々九度の盃の儀)

新郎新婦が三つ組の盃で順にお神酒を酌み交わし 夫婦の永遠の契りを結びます
それぞれ⼀献毎に三回で飲みます

6. 指輪交換の儀

新郎新婦が結婚指輪を交換して永遠の愛を誓います

7. 神楽奉奏(豊栄の舞)

巫⼥が舞を奉納して新しい家族の繁栄を祈ります

8. 新郎・新婦⽟串拝礼

新郎新婦は⽟串を受取り ご⼀緒に神前へ進みます
⼀礼の上 ⽟串の根本を神前に向けて供え
⼆拝(⼆礼)⼆拍⼿⼀拝(⼀礼)の作法でご拝礼ください

9. 参列者⼀同拝礼

両家の代表者に合わせてご拝礼ください
(媒酌⼈がおられます場合は 媒酌⼈夫婦に代表をお願いします)

10. 親族盃の儀

全員でお神酒の盃を交わして 親族の契りを結びます